知覚過敏治療

知覚過敏治療

虫歯が見当たらないのに冷たいものがしみたり、歯ブラシが当たるとピリッと痛かったりする場合には、 「知覚過敏」の可能性があります。
知覚過敏の治療も軽ければ薬を塗り、器械を当てるだけで治ります。

知覚過敏だけでなく、虫歯、歯周病などの歯周疾患の多くが『間違った歯磨き(ブラッシング)』といわれています。知覚過敏の場合は特に、力任せに歯磨きを行った結果、エナメル質が徐々に削られていき、象牙質が露出し、象牙質にさまざまな刺激が加わり「歯がしみる」知覚過敏の症状へ繋がってしまうのです。

虫歯、歯周病、知覚過敏など、歯周組織の病気を予防するには、何よりも正しい歯磨き(ブラッシング)が基本中の基本です。
今まで自分が行っていた磨き方が正しいのか?を、歯科医にチェックしてもらったり、正しい歯磨きの仕方をアドバイスしてもらうことも必要かもしれません。お気軽にご相談ください。

ページ先頭へ戻る