歯科診療について

一般歯科

いつまでもご自身の歯でお食事を楽しめるよう、当歯科クリニックでは悪い歯の早期発見、早期治療はもちろんのこと、患者さんのお口の健康に努め、患者さんにご理解・ご協力を得ながら、かかりつけ歯科医として、信頼される歯科医療を目指していきたいと考えています。

さて、一般歯科とはどういった治療のことをいうのでしょうか?
簡単にご説明しますと、小児歯科・矯正歯科・口腔外科以外の虫歯治療や歯周病の治療など、通常皆さんが歯科医院に通院した際に受ける治療の大半を一般歯科と考えていただいて良いと思います。

予防歯科

虫歯や歯周病、歯列不正の成り立ちに関する情報をお伝えしながら、正しい歯磨きの指導に始まり、シーラント(歯の溝を塞ぐ)、フッ素の塗布・洗口などの虫歯予防を中心とした歯科治療です。 虫歯も、歯周病も、風邪やはしかなどと同じく細菌による感染症です。
しかし、自然に治るということはありませんが、予防法はある程度確立しています。 それは毎日のお掃除と定期的なプロフェッショナルクリーニングです。
当歯科クリニックでは、担当医と協力して歯科衛生士が、患者さんの状態にあったブラッシング指導と、クリーニングを行なっております。

小児歯科

小児歯科とは子供の虫歯予防、虫歯治療、歯並びの治療そして歯周病の予防と治療などを行うところです。 虫歯を放置することは、味覚形成や顎の成長などに影響を及ぼします。 当歯科クリニックでは、将来の歯並びなどに不安をお持ちの保護者の皆さんと共に、乳歯時期からの健康管理のサポートに努めていきたいと考えております。 そのために必要なことは、「子供に嘘をつかないこと」です。

子供は歯科治療に対して何らかの不安や恐れをもっています。
歯科治療を受ける子供達の心理的な問題について充分に理解することから治療をスタートさせ、子供の心配を取り除き、リラックスして治療が受けられるように指導し、生涯を通じて歯科治療に対して悪いイメージが形成されないように注意します。



1歳6ヶ月のお子さんの歯を見ていますと、汚れがついている子は、甘いものを食べているようです。 "三つ子の魂、百まで”の言葉が示すように、小さい時に甘い味を覚えると、生涯甘いものが好きになります。3歳のお誕生日までは、まず甘いものの味を教えない事が重要です。

当歯科医院では歯の表面から綿棒で虫歯菌を取り、検査(虫歯予測テスト)を行うことが可能です。 検査から、虫歯菌の「虫歯を作るつよさ」がわかります。ぜひご相談下さい。


マウスピース矯正

歯の生え変わり時期の反対交合(受け口)の矯正です。 生え変わりの時期であれば、簡単に受け口(特になりそうな場合)は数回のマウスピー スで治療が出来ます。

値段:マウスピース1個片顎10,000円(税込み)、両顎15,000円(税込み)です。
治療には数個のマウスピースを使うことになります。大体は5万円以内に終わります。中には、1回で終わることもあります。 出来る限り少ない回数で受け口を治したいと思っています。出来ない場合もあります。
 マウスピース矯正の症例です。
どの症例も数回で受け口の治療は終了です。

拡大装置

拡大装置は小学生の期間に顎の骨を大きくして歯が並びやすくする装置です。
無理に骨を広げるわけではなく、成長とともに大きくなる顎を確実に早く大きくする事ができます。
値段:64,800円(税込み)
 拡大装置矯正の症例です。
この症例は拡大装置のみでワイヤー矯正は行っていません。
歯の並ぶスペースが出来ると自然に歯はきれいに並んでいきます。
ページ先頭へ戻る